青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

戦いの海は牙で漕げ!悲しみの海は愛で漕げ!

みなさまにご報告があります。



なんと!


ついに!


わが家に!









電子レンジ
が設置されましたーーーー!!!


マイクロウェ~ブ
↑電子のレンジ

イヤー。
もう10年以上電子レンジがなかったオマエんちがどういう心境の変化だよバカヤローコノヤローとかおっしゃるクチの悪いかたもいらっしゃるかどうかはわかりませんが一応説明いたしますと。

「電子レンジ」っていうのは、電子の力をつかって分子のレベルで食材を温めちゃうというシロモノのシロモノ家電なワケで、まあそのヘンの仕組みはコトバで説明するのもアレなのでイメージ画像を見てもらうとしてですね。

発熱イメージ画像「電子戦隊デンジマン」(1980年)
デンジマン

コイツをわが家に導入したいちばんの理由は、ムスメ(小四)が成長とともにいろいろつくってみたくなった。っていうことです。

数年前は↓以下のようなこともあったしね。
◯ 青空堂本舗 『四捨五入するオンナ』
◯ 青空堂本舗 『大いなる野望』

あと。大きな理由としましては、いままでならシゴトで帰りが遅くなったときにキッチンでガッチャンガッチャン料理なんかしたら寝てる家族を起こしちゃうんじゃねえかとおもって晩メシを食わないことがしばしばあったりしたので、そろそろそういうストレスをなくそうじゃねえかと。
コレで比較的静かに作業できそうでありがたい限りデス。

まあまあ。
あれだけマイクロウッゥェ~~ブを毛嫌いしていたヨメも「コレでオーブン料理ができるぞなもし!」とよろこんでるのでよかったよかった。

今後このニューギアで、大きな未来を守るタメ、愛と勇気の炎を燃やそうとおもいます。

おれ、弁当男子まっしぐら。かもよ。


スポンサーサイト
  1. 2012/09/05(水) 06:38:27|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

クッサシムサ(これくらいでよい)

ケッコンを機にタバコをやめたのが15年ホドまえ。
当時はまだまだオノコの喫煙はフツー、っていうか吸わないやつのほうがごく少数派で、「タバコを吸ってるオノコがス・テ・キ(ウッフン)。」とか言っちゃうおねえちゃんも生息していたころでしたが、タバコ吸ってたオッサンは総じて口がクッッサかったタメ、ジブンもクッッサくなりたくなかったのと、その数年まえに「タバコぐらいいつでもやめたらあ!」と妹に豪語していたこともアリ、喫煙界から引退することを決心したのでした。

その後数年経ってニッポンの世のなかに嫌煙ブームというのが席捲し、アレだけの喫煙率を誇っていたわが国の社会が、いまではすっかり「紫煙許すまじ」という社会へと変貌。今後も嫌煙の勢いはどんどん拡大する様相を呈しており、喫煙者は絶滅危惧種への一途を辿っています。

20年まえ、ありとあらゆる場所に灰皿が用意され、道端には吸殻がフツーに散乱していたニッポンを思い出したとき、いまの社会の変わりようは、まさに劇的。

十数年という時間をかけていることで目立たないかもしれませんが、この一連の「嫌煙」の流れというのは、ここ最近のニッポンにおいて、市民レベルから自然発生的に起きて劇的に社会を変えた最大の変革だとおもっています。

とかくワレワレは、「変革」というコトバに対して短期間での瞬間的な変化をイメージしがちですが、世のなかが劇的に変わるタメには相応の時間が必要というのは当然という気がします。

あの明治維新だって、吉田松陰が松下村塾を開いてから大政奉還まで12年、伊藤博文が内閣総理大臣に就任するまでだとそれから更に17年を要しているのです。

あの東日本大震災からまだ1年半。

ジブンみたいなモンがナニ気にタバコをやめたことで、結果として嫌煙への変革を担うひとりになっていたように、ちょっとした意識だけで10年後はニッポンが変わってるかもよ。

いま、タバコ吸うオノコってモテないしね。
――ウッフン。

のんじゃいけない


  1. 2012/08/05(日) 12:25:27|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第1回ボランティア説明会

きのう。
山口県知事候補者の飯田てつなり氏の山口事務所で開催された【第1回ボランティア説明会】にいってきました。

わが家はテレビもなく新聞もとっていないタメに、おのずとインターネットがおもな情報源となるワケですが、ネット上ではちょくちょく挙がっていた氏の名前と評価などからその人物像に多少の興味をもっていたので、氏が知事選に立ってくれたと聞いたとき「これで山口県は変わる」と、アタリマエにおもったものでした。

だがしかし。
この日の「ボランティア説明会」に集まったヒトはざっと30人くらい。
私はこういう活動をしたことがないのでアレですが、「少ない」と感じました。

スタッフのヒトなかにタマタマ知り合いのかたがいたので聞いてみたトコロ、「山口での知名度はまだまだ低い」とのことでした。

私はいまんトコロ、原発に対して「推進」とか「反対」とか明確に言えるホドの考えをもててはいないです。
ですが。
アブないとわかっちまったモンをムリして動かしてほしくはないし、新しいエネルギー政策がホントに実現し、しかもそれをワレワレ山口県が中心となって進められるなら、こんなにうれしいことはないとおもいました。

そういうイミで、飯田てつなり氏のここ山口県での知名度があがることにすこしでも貢献できればいいなとおもった次第です。

変わってみないとわかんないんだったら、いっぺん変わっときたいすね。


~参考~
飯田てつなりオフィシャルサイト


  1. 2012/06/29(金) 23:50:53|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

応援せんにゃいけん

10月1日。
わが山口県において、第66回めの国体となる「おいでませ!山口国体」という国体が開幕しました。
県内の各国体会場で約1ヶ月の国体期間、国体競技を熱く戦うタメに、国体レベルの国体選手のヒトが全国から集まっています。

東日本大震災被災県の方がたも。

ってコトで。
10月2日(日)に、美祢市民球場でおこなわれた軟式野球トーナメント第1回戦
「岩手県 vs 山口県」
の試合を観戦にいき、被災県・岩手の応援をしてきました。

メンバーは、わが家のほか、当ブログを見て参加してくれたカエさん母子と、ムスメ(小三)のクラスメイト。
私以外は全員女子というモテっぷりです。

ワレワレが会場に到着したときには、企業チームである山口県側の観客席だけでなく、岩手県側の観客席も、地元中学生の団体をはじめ、東北県人会の方がたや、ワレワレのような一般の観客で賑わっていました。
ふらっと立ち寄ったカンジのオッサンが「こりゃあ応援せんにゃいけんのう。」と席に座る姿に、この日の観客の震災に対する思いが表れているようで、ムネが熱くなりました。

いま、ここで野球をしている岩手の選手はのヒトはどんな思いでプレーしているのか、もしかしたらワレワレが想像するよりも大変じゃないのかもしれないし、その逆かもしれない。
ただ震災を経てここに立っているということは事実で、その目のまえの選手を通じて東北のヒトを応援したいという思いが確かにその観客席にあったことに、山口も捨てたモンじゃねえな。とカンドーしました。

連れていった子供らも、「岩手がんばれー!!」と大きな声援を送っていました。

子供の声の応援はいいね。
組織だった応援とかオヤジらのダミ声よりも、選手にダイレクトに届くカンジがする。

試合は残念ながら1-4で岩手の負けとなってしまいましたが、スタンドから何かしらの気持ちが、選手のかたや東北のかたに伝わっていればうれしく思います。

がんばれ!岩手!

これから先、長い時間をかけて復興はつづくワケで、思いもおカネも、たとえ細々とでも、途切れることなく送りつづけることにイミがあるんだとおもいます。

災害や不景気に負けず、復興を通じて、息切れすることなくニッポンを元気にしていこうじゃああありませんか!!(←チャーリー)

ふんばれ!ニッポン!



「雨ニモマケズ」
宮沢賢治(岩手県出身)

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジヨウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ陰ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボウトヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハ
ナリタイ

  1. 2011/10/03(月) 21:23:12|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山口七夕ちょうちんまつり

マ~~チルダ マチルダ マチルダ
 豊年祭り~
 これがニホンの マチルダよ~~~~ん
(by北島)

ってことで。
おとといの日曜日。
毎年この時期、山口市の中心街でおこなわれる「山口七夕ちょうちんまつり」に、帰省ちゅうの妹母子といっしょにいってきました。

この祭りは落ち着いた華やかさがすきで(昨今は「よさこい」に毒されてる感もありますが。)、山口に住んでよかったと毎年思います。

最近。祭りの露店で、LEDでぴかぴか光るツノとかネコの耳とかがついたオモチャのカチューシャを売っているんですが、アレが意外に高くて、1個1000円とかいうワケのわからない値段だったりとかします。
わがムスメ(小三)も昨年のちん…イヤイヤ、ちょうちんまつりで、さいごの売れのこりで半額で買ったのですが、どうせつぎの年もほしがるだろうなーって思ったので、ことしは一年間あたためておいたソレをもたせました。

カチューシャ

切れてた電池を100円均一で買ったので、200円で済みましたよ。やりっしゅ。

――節電。
  1. 2011/08/09(火) 22:31:08|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

Profile

信

Access Counter

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Clock

※この時計の時刻は閲覧しているパソコンのものです

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。