青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ユトリロ

ムスメのなぎ(6歳)が小学校に入学して約2週間が過ぎました。
ムスメ(6歳)から学校生活のようすをいろいろ聞いて、まあなんといいますか。

学校のベンキョーっていうのは、相変わらずくだらねーなー。

と思いました。ホントに。

いくつか例を挙げて紹介いたします。

体育 ・・・ 「気をつけ」の練習。笛の合図に遅れたらやり直し。

 ――まーだこんなしょーもないことやってんのか。

体育 ・・・ 笛の合図で立ったり座ったりする練習を、授業時間丸々つかって延々と繰り返す。
   
 ――アホか?アホなのか?

図工 ・・・ 粘土で「丸」と「三角」をつくる。ソレ以外のものはつくってはいけない。

 ――何のイミがあんだ、こんな授業。

あと。
小学生のときの私も、現在小学生のなぎ(6歳)も同じく「イミねえー。」と感じているのが、国語の宿題「音読」。
教科書やプリントに書いてある一文を声に出して読んで、おうちのヒトに聞いてもらおう。というアレです。
字を読むことが苦手な子に練習させる意図があるのはわかるんですが、もともとスラスラ読めるやつにとってはこんな苦痛なことはありません。
音読してほしかったら、ヒトに読んであげたくなるくらいオモシロいこと書いとけっつの。

…等々。

子供をばかにしてんのか?
イヤたぶん、ばかにしてる。


ゴーモンですな。コレは。
授業内容とかを決めるアタマのいいエラいヒトは、もちょっと子供がベンキョー好きになるようなオモシロいこと考えてもらえないモンすかね。

こんなくだらねえ授業でストレスを感じている子供らもタイヘンですが、こんなくだらねえオベンキョーを教えなくてはならない先生もタイヘンだな。と思いました。

がんばれ。なぎ。
イヤなら行かなくてもいいよー。

スポンサーサイト
  1. 2009/04/28(火) 22:19:51|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

Profile

信

Access Counter

Calendar

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Clock

※この時計の時刻は閲覧しているパソコンのものです

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。