青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

コスト高

土曜日。
法事で博多へ行ってきました。

ホージー(ヤクルト)
↑ホージー(ヤクルト)

たいへん和やかなフンイキの中での一周忌法要ムスメのなぎ(5歳)も終始ごキゲンでした。

その帰り。
ヨメたっての希望で、福岡市郊外にある、家業で洋菓子屋なぞを営んでいる家で高校を卒業したムスコが、将来この店を継ぐべくオヤジの下で洋菓子修行に入ってから半年ホド経ったころ、そろそろシゴトにも慣れてきたせいでキモチがユルんできたこともあり、開店前の仕込み中、モンブランに使う栗の裏ごし作業をサボって少年ジャンプを読んでいたトコロを開店準備で店の掃除をしていたハハオヤに見つかり、

「アンタ、そんなマンガなんか読んでたら、またお父さんにドヤされるわよ。
 もう裏ごしは終わったの?」

と聞かれて、

「あー。いまから○○○○。」

というハナシの、最後の「○○○○」に入るコトバみたいな店名の会員制倉庫型店舗というカタチの大型量販店に足をのばしたのですが、

――ヒドい目に遭いました…。

その店は店内に「フードコート」とかいう軽食コーナーでカルく食事ができるようになっていたので、わが家もそこでピザやらホットドッグやらを食らうことにしたました。
まず、ホットドッグをほおばったときに、なーんかソーセージが薬品くせえカンジはしたのですが、まあまあいまの時代こんな安物の肉に添加剤が入っていないはずはないので、とりあえず口に入れたモノだけはなんとか飲み込み、ピザのほうを食らうことにしました。

――そのピザが、スゴかったです。

口に入れた瞬間、舌の上に明らかに胡椒の食感とは違う刺激が走り、そのまま舌全体がシビれてきたかと思うと、こんどはブツが到達した胃袋のほうから危険信号が送られ、体から異物を追い出そうとする便意が襲ってきました。
その後トイレに入り、どういうカンジの便がどういうカンジで出たのかは良識を以ってここでは省略しますが、10分近くの個室での闘いに終止符を打ってすっかりテンションが下がっちまった私は、そのまま帰路につくことにしました。
しかし、すこしクルマで走ったとき、私の胃が悲鳴をあげだしたのです。
いままで味わったことがないような胃の痛みとともに、ハンドルを握る手にも若干のシビれを感じるようになってきました。
途中のパーキングエリアで20分くらい倒れこんで休むなどしてやっとのことわが家にたどり着いたのですが、家の駐車場でもクルマから降りることができず、しばらくクルマの中で横になったのち、なんとか歩けるくらいにまで回復したのでようやく家に帰ることができました。
イヤー。ツラかったよ。
強いていうなら、偏頭痛の一番ヒドいときの状態で頭痛がないカンジ。

次の日にはモノが食えるくらいにはなったのですが、ぜってえアレはピザが原因だと思っています。

ただ、ヨメとムスメ(5歳)も私とおなじモノを食ったハズなのに、

まったくなんともない

ので、通報できずにいるのですが。

みなさまも、この店でなんか食うときは気をつけたほうがいいですよ。
っていうか食うな。まじで。



  1. 2008/03/10(月) 00:02:49|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<高熱ブギ | ホーム | ご健在こもごも>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1179-39400f4f

Profile

信

Access Counter

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: