青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

ロンドンバスツアー

この4月から下関の街を走っている、『二階建てロンドンバス』(ホンモノ)に乗ってきました。

「この車両は、ロンドンバスの活躍を後世に伝えるプロジェクトの一環としてロンドン交通局から外国の自治体へ送られた6台のうちの1台」(パンフレットより)
だそうで、ホントにロンドンの街をカッポしていたモノが現役を退いたあと、なぜか下関市にやってきたというワケです。

ロンドンバス『ルートマスター』ロンドンバス『ルートマスター』

ロンドンバス『ルートマスター』ロンドンバス『ルートマスター』ロンドンバス『ルートマスター』


古い車両ですが、そこがまたいいカンジ。
運賃がフツーの路線バスと同じ値段というのもウレシい限りです。
今回は一日フリー乗車券を購入して、「唐戸市場」で途中下車して下関の観光施設「カモンワーフ」で遊んだりしながら都合4回ホド乗車して一日中遊ぶことができました。

ロンドンバスからの関門橋ロンドンバス乗車中
↑ムスメのなぎ(5歳)もご満悦。


そういえばきょう。
ココロあたたむる出来事がありました。
「カモンワーフ」で海を眺めていたムスメのなぎ(5歳)が、木製の柵から出ていたトゲ、山口のコトバで言うトコロの「スイバリ」が手首に刺さって痛がっていたので、ドラッグストアかコンビニで毛抜きを買って抜こうと思ったのですが近場で店を見つけることができず、やむなくダメモトで「カモンワーフ」の近くにあった『下関グランドホテル』のフロントにお願いしてみたトコロ、なんと快く毛抜きを貸してくださったばかりか、消毒液やティッシュペーパーやばんそうこう、更にトゲを抜くときに暗いのではないかと懐中電灯まで持ってきていただき、ブジ、事なきを得ることができました。

――ホントにありがとうございます。

私たち夫婦同様そのやさしさにカンゲキしたムスメのなぎ(5歳)が、そのへんで摘んだクサバナをお礼にとフロントのかたに持っていったのですが、そのあとにホテルの前を通りかかったときに、わざわざ表に出てきて、「さっきはお花ありがとう。」とムスメ(5歳)に声をかけてくださいました。

ビバ!下関グランドホテル!
ありがとう!下関グランドホテル!
すごいぞ!下関グランドホテル!
下関観光の際のご用命は!下関グランドホテル!

――やさしいのう。
  1. 2008/04/20(日) 23:09:09|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<マルチン・ルター | ホーム | イロウ>>

コメント

こんにつわ

日曜日は一緒に遊べず残念でした。
とはいえ、とても楽しい休日を過ごされたようですね。

下関市にこんなハイカラなバスが走っているとは知らなんだ。
今度、ダンナの実家に行ったときに探してみます。

下関グランドホテルは、数年前の花火大会の時にゆうやんの
う○こおむつを交換するときに立ち寄ったことがあります。
従業員の対応、しっかりしているようですね。
ちなみにここのホテル、花火大会の日は半年前から予約でいっぱいだそうな。
一度で良いから、ここのホテルで花火を見てみたいもんです。

  1. 2008/04/23(水) 05:58:52 |
  2. URL |
  3. ふみ #-
  4. [ 編集]

こんばんわ

ふみさん。

おかげさまで楽しく充実した休日を過ごすことができました。

グランドホテルの“従業員のしっかりした対応”というよりは、フロント係の方がたの人柄に触れたことに感動した出来事でした。こっちは客じゃないしな。
バス停でロンドンバスの案内をされていた市の職員のかたもかなりカンジがよかったし、下関のヒトのすばらしさを知ることができた日でしたよ。
  1. 2008/04/24(木) 01:16:27 |
  2. URL |
  3. 信 #Qo5l1wbk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1187-bbdf877c

Profile

信

Access Counter

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: