青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新春カシス芸

きょう。
シゴトからの帰宅途中、ラジオを聞きながらクルマを走らせていたら、ソムリエの田崎真也がおサケについてのウンチクをしゃべくる番組をやっていました。
田崎真也といえば、ニホンのソムリエ界の第一人者にしてカリスマ。
私もここんトコロおサケにキョーミがあるので、真也のハナシになんとなく耳を傾けておりましたら、そこはサスガにカリスマ。
それはもうキョーミ深いハナシを聞くことができました。
以下、田崎氏のオハナシを私の記憶の範囲で再現。

きょうは、最近日本でもかなり人気がある「キール」というカクテルのお話をしたいと思います。
「キール」は、もともとフランスのブルゴーニュ地方の首都的な街、ディジョンで生まれたカクテルで、ブルゴーニュ地方といえばご存知のように質のよいワインの産地として世界的に有名なのですが、黒スグリ、つまりカシスのお酒の生産も盛んな場所でもあるのです。
しかし、ワインと比べて、カシスのお酒のほうはなかなか思うように売れなかったということがあり、そこで、ワインもカシスのお酒もどちらも飲んでいただけるように考えだされたのが、カシスのお酒を白ワインで割る飲み方、つまり「キール」というカクテルです。
その「キール」のつくり方ですが、日本では大体、グラスの中にカシスのお酒を、そうですね5分の1ほど入れまして、その上から白ワインを、残りの5分の4ほど注ぐことで、グラスの中で両方のお酒が丁度よく混ぜ合わさり、わざわざ器具を使わずにグラスだけで簡単に完成する、というつくり方が一般的です。
これが本場のディジョンで「キール」を注文いたしますと、日本とは少々違うところがあります。
まずグラスですが、日本でいうブランデーグラスのようなグラスを使います。
これは、ワイナリーなどでワインのテイスティングのときに用いるグラスで、こんなところでもワインの産地という雰囲気を感じることができます。
このグラスにカシスのお酒を入れて白ワインで割ってゆくわけですが、カシスのお酒の割合が日本のものよりもかなり濃い目につくるところが特徴的です。
これは、先ほどお話したように、もともとカシスのお酒を売る、という目的から生まれた飲み方であるために、使う量が多くなっているという背景があるようです。
割合で言いますと、日本では5分の1ということはお話しましたが、ディジョンの濃い目の「キール」は、そうですね…えー、1:4くらいの割合。カシス1に対して白ワイン4、くらいの割合になります。
味のほうはといいますと、日本でいただく割合のものもおいしいのですが、この濃い目の飲み方も、カシスの味がしっかり利いていて、それでいて白ワインの上品な味も残っているので、その割合の違いを愉しまれてはいかがでしょうか。
皆さんもバーなどで「キール」を注文されるときには、「1:4の割合で。」と、ひとこと付け加えて注文されてみるのも、なかなかオシャレ、ではないかと思います。



以上、再現終わり。

…。
・・・。
このカリスマ。酔ってんのか?
コイツの言うことを真に受けて、ホントにバーで「1:4の割合で!」なんてカッコつけて言ったら赤っパジかくトコロだったよ。

ワインの銘柄とかを覚えるアタマはすげえみたいですが、算数はカラッキシのようです。
ビバ。カリスマ。
合掌。

  1. 2009/01/27(火) 21:12:28|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<王ダンゴ蟲 | ホーム | 宇宙ブタ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1287-7c7ed9c8

Profile

信

Access Counter

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。