青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

政党とはなにか。

なんか。
きのうおこなわれたという静岡県知事選挙の結果を、朝からラジオのニュースのトップ項目で伝えていました。
どうやら、民主党が推薦した候補者が、自民党が推薦した候補者を得票数で上回って新知事に決まったので、今後おこなわれる都議会議員選挙や衆議院議員選挙でも、民主党のヒトの追い風になるんだそうです。

どうでもいいのですが。
自民だの民主だの、ちょっと騒ぎすぎなんじゃね?と思うのです。

たしかに、自民党を中心とした政権にイヤ気が差している国民は多いだろうというカンジはしますが、有権者が候補者に投票する決め手が「政党」っていうのは、どうなんでしょうか。
有権者は、信頼に値する「候補者」を選ぶべきであり、そのヒトを推薦している「政党名」で選ぶのはちがうだろ?っていう気がしています。
結局、「候補者」そのヒトを評価するタメの材料を、有権者が得にくいシステムになっていることが、なんとなく「政党名」で選ばざるを得なくなっちゃうことの要因だとは思いますが、ソレもちょっとなんだかなー。っていうカンジです。
そんなんだから、選挙前になると道路ワキに立って道行くクルマにいちいちアタマ下げたり、何台ものチャリンコのケツに名前書いたノボリ旗立てて街なかを走ってりゃ当選するんじゃねえかってカン違いするアタマの悪い候補者が現れたりしちまうんだと思います。
実際ソレで当選しちまったりしてるのもモンダイですが、そんなクルクルパーよりも、スーパーでオバチャンつかまえて、トーフ1丁のハナシからニホンの経済がよくなる方法なんかをホンキで語ってくれるやつのほうがよっぽど信頼できますし、政党とはカンケーなく投票すると思います。
あー。モチロンそんなやつがいればのハナシで、そんなやつがいないことが、コレまた大きなモンダイなのですが。

いま。自民党の国会議員の何人かが、オヤビンのあまりのアホさ加減に、「オヤビンをかえてくれなきゃ、ボクチン、つぎの選挙で失業しちゃうよ!」とか言っているそうですが、オマエががんばれ。って思います。
また、そんなことを言っちゃうやつに対して、自民党のほうも「あんまりそんなこと言ったら、処分しちゃうよ。」とかオドしてるみたいですが、「国会議員」って、もともと個人事業主だろ?

――オマエらセブンイレブンかよ…。

比例代表で議員になってるやつなら、党の意向を順守するのは義務でしょうが、選挙区で選ばれたんなら、党なんかカンケーねえじゃん。
自民党が推薦する候補者が政党名を伏せて立候補するような事態も起きているようですが、そんなにオヤビンがイヤなら、そんなトコロやめちまえっての。

あと。
選挙に「勝った」とか「負けた」とかいう言い方も、大っキラいです。
私たち国民は、ジブンらの納めたカネを有益に活用してくれると思われるほうに投票するのであって、「勝ち」だの「負け」だのは知ったこっちゃありません。
なので、誰かが「負けた」責任をとらされるのはナンセンスですし、「勝った」ことは誰の功績でもありません。
功績は、選挙のあとの政治で挙げなさいよってハナシです。

それから。
「政治にはカネがかかる」っていうようなことをよく耳にしますが、「政党」があるからいちいちカネがかかるような気がするんですけど、どうなんでしょう。
議員さんが帰依するのは党じゃなくて有権者であり、有権者にホントのイミで推された議員さんが、ジブンたちの考えで自由に議論するほうが健全だと思うのは私だけでしょうか。

ホントのトコロ。
自民党と民主党のちがいってわかりますか?
私にはわかりません。

だからこそ。
選挙は「候補者」のヒトトナリで選びたいと思っているんですが。ムリっぽいすねえ…。

  1. 2009/07/06(月) 22:30:40|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<外ヅラ・デコレーション | ホーム | 梅雨の晴れ間ッシュルーム(一部フィクション)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1345-0fed84bb

Profile

信

Access Counter

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: