青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

ひと春、ふた春、そして…めぐり逢い、5木

よく、ビール好きな家のヒトが、ビールをケース買いしたりしますよね?
で。
そのケースを、「1ケース、2ケース…」って数えるときの言いかたって、

「いちケース、にケース…」

とはあんまり言わず、だいたい

「ひとケース、ふたケース…」

って数えるじゃないですか。
おなじ「外来語の単位」というイミでは、「ダース」とかがありますが、「ひとダース」とは数えないのに、「ケース」のケースに限って「ひとケース、ふたケース…」って数えるのはなんでなんでしょう。
ただ、ニホン語の単位で数えるとき、たとえば「粒」の場合だと、「ひと粒、ふた粒…」につづいて、3の数えかたは「み粒」になるのに、「ケース」では「みケース」とは言いませんよね。


…。

まあまあ。
だんだんワケがわからなくなってきたので、どうでもいいっちゃあどうでもいいのですが、つまりなにが言いたいのかというとですね。
「カートン」単位で数えるとき、なんで「1」の場合に限って「ワンカートン」になるのかがワンカートン。

おわり


  1. 2009/08/25(火) 22:08:57|
  2. ことば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ピジョンマウンテン | ホーム | ウォーターあそびとウォーターメロン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1376-2b463964

Profile

信

Access Counter

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: