青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いざ、大山。

「行ったことないから行ってみよう。」という思いつきだけで出発した大山へのドライブ。

ムスメのなぎ(小1)はクルマの中で寝られるということに色メキたっておりました。

ベッドルーム
↑後部座席と荷室に座布団を敷いてつくった就寝スペース。
ここで一泊したあと、米子自動車道のパーキングエリアで洗顔、歯みがきをし、再出発。
シルバー・ウィーク「高速道路料金1000円」の影響か、ワリと混んできました。
ワレワレと同じく車中泊の家族連れもけっこういたし。

で。
大山付近で高速道路を降りてはみたものの、思いつきで出発したタメに地理がまったくわからず、とりあえず、現地で購入した地図を頼りに大山の周りをクルマでうろうろしてみました。

大山ソフクリ

デカい山を臨んで走るのはキモチいいすね。
ムスメのなぎ(小1)も、
「アルプスみたい!」
と、DVDで「アルプスの少女ハイジ」を観て以来あこがれていたデカい山にカンドーしていました。
ホンモノのアルプスはたぶんもっとスゴいだろうけどなー。

山に抱かれているような道路をつかって山陽側、蒜山(ひるぜん)高原へと抜けることにしました。

蒜山緑の中を走り抜けてく

山陰側とはまたオモムキのちがった景色を抜け、蒜山やつか温泉「快湯館」という温泉施設でリフレッシュしたあと、蒜山高原を堪能。


ムスメのなぎ(小1)は、
ウシ
↑ウシとタワムれたり、

ウマ
↑ウマ(ルチチアン号 サラ・13才)とタワムれたりと、満喫しておりましたよ。

そんなこんなで、あっというまに夕方になり、帰路に就くことに。
そのまえに、ムスメ(小1)に「いっぱい空気吸っとけ!」って言っときました。

  ――つづく。
  1. 2009/09/21(月) 21:59:59|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<いざ、帰還。 | ホーム | 英国アレルギー協会認定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1389-ecf6ad1f

Profile

信

Access Counter

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。