青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

梵天丸も掻くありたい

私が運転免許を取得してから、16歳のころの免許停止処分期間を除いても、二十数年。
この間、同じく道路を走るアタマのおかしなヒトたちをけっこう目撃してきました。

運転中ハナ毛を抜いたりハナクソをほじっているヒトとか、信号待ちで化粧をしているオンナとか、信号待ちでハンドルの上にスポーツ新聞やら週刊少年ジャンプを広げて読みフケっているキチガイとか、車内でイチャついているバカとか、車内で椎名林檎を熱唱しているわかめとか、最近では携帯電話をかけているやつとか、なぜかシートのヘッドレスト部分に液晶モニターを数個埋め込んでおんなじ映像(おもにJポップミュージシャンのライブ映像)を流しながら走っているアンポンタンとかを見かけたことがあります。

きょう。
久びさに明るいウチにシゴトを切りあげることができました。
春分を過ぎて日没が徐々に遅くなってきたことも手伝って、シゴト帰りにすれ違うクルマに乗っているやつらの顔がやたらめったらはっきり見えるホドに。
そこですれ違った一台のクルマのなかにいた初老の女性に、前述したアタマのおかしかヒトたち以上にド肝を抜かれました。
もう一度いう。
ド肝を抜かれたのだ。

そのオバチャン。

耳掻きしてやがりましたー!!

運転しながら、つまり道路を走行することで振動する車内で、綿棒とかのやわらかいモノじゃなくて、竹製の、おケツのほうに梵天がついてるちゃんとしたやつで、

耳掻きしてやがりましたー!!

イヤイヤイヤイヤ。

一歩まちがえたらコマクがやぶれるだろ。って思わず目がクギづけになりそうになりましたがクギづけになったら事故るのでやめましたがホンキでビックリしたので思わず二度見しそうになりましたが二度見したら事故るのでやめました。

どれくらいビックリしたかというとですねー。

その直後にすれ違った対向車を運転していたバアチャンの髪型が、教科書に載っていたモーツァルトそっくりだったことにそんなにビックリしなかったくらいビックリしたのでした。

イヤー。アブないよね。
↑耳だけに。
  1. 2010/04/03(土) 23:43:16|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<煮るバナ | ホーム | 名もなきおいさんたち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1499-49f8dd6f

Profile

信

Access Counter

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。