青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クール5

日曜日にヨメの実家である博多でおこなわれた法事に参列するついでに、どうせなら前日から九州入りしてあそんだらたのしいんじゃね?って思ったので、以前熱気球を見にいったときなかなかいいカンジだった佐賀市に、もういっぺん行ってみることにしました。

と。いうワケで。

たのしい車中泊シリーズ第4弾
『熱気球がいない時期、佐賀市にはなにがあるのかをさがしに佐賀市にいってみよう!』の巻

これまでの車中泊シリーズは、夜、人目につかないウチにこっそり家を出ていたのですが、今回は朝のウチに出発するという、なんか真っ当なヒトみたいなことをしてみました。
山陽自動車道、九州自動車道を経由し、長崎自動車道に入ったあたりで、なんか前川清の歌が歌いたくなったので、

♪ 佐賀市! 佐賀市求めて・え・え!(←前川)

って熱唱していたら、いつのまにか佐賀市を通りすぎ、

♪ あ・あ・あ・あ~~~~
  長崎い~~~

 までやって来ちまいましたー!

ひょー!

と。いうワケで。
急きょ予定を変更し、

たのしい車中泊シリーズ第4弾
『熱気球がいない時期、佐賀市にはなにがあるのかをさがしに佐賀市にいってみたら長崎は晴れだった!』の巻

とはいえ。
右も左もわからない長崎の街。

とりあえず『長崎ペンギン水族館』という看板が目についたので、水族館みたいな入館料の高っけえトコロになんか行けるかよとか思いつつも、ほかにいくトコロも思いつかなかったので行ってみました。
ホシタラ。

観覧料   一般    500円
    幼児・小中学生 300円

という信じられないステキなコトバが書いてあるじゃああありませんか!(←チャーリー)
は、はやくチケットを買いなさい!水族館のヒトの気がかわらないウチに、はやく!
ってことで。いそいで入場した『長崎ペンギン水族館』の館内には、なんと、たくさんのペンギンが飼育されているじゃああありませんか!(←チャーリー)
あー。ペンギンがいっぱいいるから「ペンギン水族館」っていうのかー。ちっとも知りませんでした。
右を見ても左を見てもペンギンだらけ。
ニンゲンが歩く順路にもよたよた歩いているペンギンがいたので「カワイ~~!」と写真におさめようとしたら、客のバアさんでした。っていうくらいのペンギンだらけです。

ペンギン
ペンギン
ペンギン

なかでも、ペンギンがデカい水槽のなかで泳ぎながらエサを食う姿はけっこうカンドーモノでした。

ペンギン
ペンギン

なんかちょっとまえ。ワレワレが住んでいる某県の水族館にもペンギンコーナーができたらしいのですが、ソコは高っけえ入館料を払ったあとでペンギンコーナーに入るとき、さらにおカネを払わなければいけないらしいのですが、ココへ来れば、500円です。ワンコインです。イヤイヤ、ウンコインじゃなくて、ワンコインです。
ペンギンとのキョリも近く、ペンギンに触れられるイベントもアリ、大満足のわがムスメ(小二)でした。

『長崎ペンギン水族館』をあとにしたころ。
そういえば、いまのヨメとケッコンするまえ、当時おつきあいしていた女性と長崎旅行にきたことを思いだし、長崎の街を散策ついでに当時の思い出の場所や店に行ってみることにしました。

オランダ坂

オランダ坂付近をぶらぶらしているとき、ムスメのなぎ(小二)が、木の根元に宝箱をハッケン!
通りかかった地元のおじさんにきいても「そんなモノがあったなんて知らない。」ということで、開けてみようとも思ったですが、なかから出てくる煙でじいさんになるのはイヤだったので、ムスメ(小二)に開けさせることに。
すると。

お宝

ひょーー!!
おカネじゃああありませんか!(←チャーリー)
おれ。おくまん長者です!!
さようなら。みなさん。
さようなら。職場。
ありがとう。ありがとう。

とりあえず。
そのカネをもって、13年まえにもいった紅茶のおいしい喫茶店(←非・柏原)で豪遊することにしました。
この店は喫茶店での喫煙がアタリマエだった当時から「紅茶の味がわからなくなる」という理由で店内禁煙をうたっていたすばらしい店で、もともと紅茶の味がわからない私でも、この店の落ちついたフンイキで、紅茶とワッフルをおいしくいただいたことをまるで13年まえのことのように思いだすことができます。

エイトフラッグ
エイトフラッグ
エイトフラッグ
↑店はまったくかわっていませんでした。
また来たいです。


喫茶店で豪遊したタメ、さきホド宝箱からガメてきたおカネものこり3000円くらいになってしまったので、せっかく長崎まできたんだから残ったカネでちゃんぽんくらいは食わねえと。ということで、13年まえにきたとき、ちゃんぽんの汁のなかにびっくりして飛び出した目玉が落っこちたくらいウマかった店に行きました。

チャンピオン

…。
フツーでした。

13年という年月をあらためて感じるくらい、フツーでしたよ。

まあまあ。
そんなこんなで。
夜になってきたので、寝るまえに温泉にでも浸かっていこうぜ。ってことで。
なにやら高台にある『稲佐山温泉 ふくの湯』という温泉施設へ。

ふくの湯

すっげえ、よかったデス。
施設全体が広くキレーで、休憩所や食事ドコロ、キッズスペースもアリ、モチロン風呂もよかったのです。
なにより露天風呂から一望できる長崎の夜景は必見です。
露天風呂でとなりにいた裸のオッサンに対して、もうこのヒトとどうにかなってもいいわ。って思っちまうくらいロマンティックでした。
どうにかはなりませんでしたが。

夜景

だいたい23時くらいまで温泉施設内であそんだあと、高速道路へはいってからパーキングエリアで就寝。
なんか、すっげえのんびりとしながらも内容たっぷりの充実した一日でした。

朝のコーヒーもウマかったよ。

のんびりコーヒー


――法事?ナニそれ?

  1. 2010/04/26(月) 23:47:59|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ゴールドちゃん | ホーム | バカ・スルー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1505-365f73d6

Profile

信

Access Counter

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Clock

※この時計の時刻は閲覧しているパソコンのものです

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。