青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『身の上話』

周囲から、「よっ、読書家ニンゲン!」 と呼ばれるべく、絶賛進行中の「インテリ化計画」

そろそろ私のインテリぶりも堂にイッてきたハズなのですが、街を歩いていてもぜんぜん「よっ、読書家ニンゲン!」とも「よっ!インテリ!」とも声をかけられないジェンス。
そんななか。

佐藤 正午・著
『身の上話』

という本を読んだジェンス。
コレは。オモシロかったです。
どれくらいオモシロかったのかというと。
翌日は大切な用事で朝からクルマで九州へ行かなければならなかったにもかかわらず、午前3時までかかってひと晩でイッキに完読しちまったホドオモシロかったです。

本のタイトルのとおり、とあるオッサンのオクサンの「身の上バナシ」をそのオッサンが全編に渡って語っておるワケですが、誰しもが人生のなかでしばしばある衝動に駆られてとった一回の行動をキッカケに平凡だったオクサンの人生が動転してゆくさまが、内容的にはありえないのだけれどもミョーにリアルで、軽はずみに「オモシロい。」なんて言っちゃったらこのオッサンに悪いなー。って思っちゃうくらい、どこにでもある身ぢかなハナシのように感じられました。
あと。
この本に登場するすべての男性に対して、ジブンのなかにもおなじ部分があるなー。ということを感じたのはキョーミ深かったです。
もしかしたら女性が読むと、すべての女性登場人物に対して同様に感じるのかもしれませぬな。

突っ込みドコロがなくはないのですが、ソコは「身の上バナシ」という手法をとった作者の勝利。
あんま細かいトコロまで説明すると途端にオモシロくなくなりそうなのでここではうすぼんやりとしか書きませんが、とにかく私にはすげえオモシロかったです。
なにせ。
翌日は大切な用事で朝からクルマで九州へ行かなければならなかったにもかかわらず、午前3時までかかってひと晩でイッキに完読しちまったホドですから。



身の上話身の上話
(2009/07/18)
佐藤正午

商品詳細を見る

  1. 2010/05/24(月) 23:53:48|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ナポレオンin下町 | ホーム | サイコーでもタニでもなんでも議員。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1515-3c0b1bd0

Profile

信

Access Counter

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。