青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

有機のカベ

きょうはウンコのハナシを、それも並みのウンコじゃなくて、すっげえくっせえウンコのハナシをしますので、ウンコのハナシが嫌いなかたや、「ウンコ」という単語をきいただけでどーーしてもアタマのなかにリアルなウンコの映像が浮かんできてあまつさえニオイまでリアルに脳内に再現してしまうイヤそれむしろウンコのこと好きなんじゃね?というかたのなかでもとくに食事ちゅうのかたは、さきを読みすすまれないよう、くれぐれもよろしくおねがいいたします。

きょう。
職場の植込みで…。

――あー。いちおう断わっておきますが。
私が植込みでウンコをしたとかそういうハナシではありませんので、もししても絶対にヒトには言いませんので、そういうハナシを期待しておられるのでしたら、帰れ。帰ってくれコノヤロー。

きょう。
職場でチャリをチャリチャリこいでおりましたら、植込みでタヌキを見かけました。
タヌキというのはキホン的に夜行性でまっ昼間から見かけることはめずらしいので「めずらしいなー。」と思いながら、その植込みのワキの道路が通り道だったので近づいていくと、距離にして10mくらいまで近づいたとき、そのタヌキが脱兎のごとく、タヌキのクセに脱兎のごとく逃げだしたじゃああありませんか。(←チャーリー)
危害を加えるつもりはないんだから、そんなにヒッシこいて逃げなくてもなー。ふふん。っていうカンジでチャリをチャリチャリこぎすすみ、さきホドまでタヌキがいた植込みのヨコをとおりすぎようとした刹那。

 ガツン!

ってきました。
まさにキョーーーレツなニオイのカベにブチあたったかのように、

 ガツン!

って。
もうね。おれじゃなかったら気絶してるトコロだったよ。

あのヤロー。ウンコしてやがったな。

私には好んでウンコのニオイを嗅いでまわるようなシュミはないので、タヌキのウンコのニオイははじめての体験だったのですが、ホンッッットにすっっっげえくっっっせえなー。
今後「タヌキのウンコ」っていう単語を聞いただけで脳内にこのニオイがリアルに再現されることウケアイなくらいトラウマです。タヌキだけど。
帰りにおなじ道を引き返さなくてはいけなかったのですが、ニオイのカベはまーだそこに存在していやがりました。
おれじゃなかったら気絶してるトコロだったよ。

みなさまにおかれましても。
タヌキのウンコにはくれぐれもお気をつけください。
――フン!

そういえば。
植込みで思いだしたのですが。
ジブンが中学生のジブンしていたアルバイトの新聞配達のとちゅう、どーーしてもヌキサシならぬっていうか、ノッピキならぬ事態に陥りまして、植込みにかくれてウンコをしたということは絶対にヒトには言えないヒミツです。
はっぱ。
  1. 2010/06/16(水) 23:55:12|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<フロムおでん | ホーム | 口内ダブルファイヤ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1526-3d6f4dcf

Profile

信

Access Counter

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: