青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

HelloTomorrow

ムスメのなぎ(小二)がもっているオモチャに「スロベニアファミリー」という動物の人形がアリ、なんか最近、そのシリーズから「シカファミリー」が発売されたんだとか。
ふーん。

そういえば。子供のころ。
天下の国営放送局がテレビ放送で放送していたアニメーション作品に「子鹿物語」というのがありました。
なんか。少年とシカのココロの交流を描いたココロアタタムル作品だとかの触れ込みで、私も子供のころはまだココロ優しき部分をのこしておりましたので、少年とシカのココロの交流をたのしみに、毎週毎週みていたものです。
この作品。
ホントに毎週毎週みていたのですが、肝心の子鹿がいっっっつまでたっても一向に出てこないんすよ。
たぶん放送開始から2ヶ月くらいは出てこなかったとおもう。
毎週毎週少年とシカのココロの交流をたのしみにみていた私は、毎週毎週、子鹿が出てこずじまいの放送が終わるたびにブラウン管めがけてなにかを投げつけるかわりに、妹を蹴ったりしてあたりちらしていた記憶があります。
あんまり子鹿が出てこないので、まじで国営放送局に抗議したろか、と子供ゴコロに考えました。
まあまあ。
抗議するまえに、やーーーーーっと子鹿が出てきたので、妹の大腿部のアザがそれ以上増えることはなくなるかとおもわれたものの、この子鹿が悪いやつでして、まあもともと野生なので仕方がないのですが、やたら悪さをするんですよ。
しまいにゃあアンタ、飼い主の少年にオヤジが「こんなシカ畜生、撃ち殺せ!」っていうムチャぶりとともに銃を渡しちゃう始末。
少年とシカのココロの交流をたのしみにみていたと同時に、子鹿の愛くるしい姿を描いてくれることを期待して毎週毎週みていたので、その子供向けとは思えない展開に、ブラウン管めがけてなにかを投げつけるかわりに、妹を蹴ったりしてあたりちらしていた記憶があります。

なんかいろいろインパクトが強すぎて、とちゅうでみるのをやめてしまったのか、ラストがどうなったのをまったくおぼえていません。

原作はアメリカの名作だそうなので、キョーミのあるかたは読んでみられたらいかがでしょうか。
できれば、ラストがどうなったのか教えていただければありがたいです。
たぶん「ふーん。」っていう反応しかとらないとおもいますが。
  1. 2010/10/16(土) 23:27:07|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ええじゃないか。的伝播 | ホーム | 前略。千尋の谷より>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1574-4cf859e6

Profile

信

Access Counter

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Clock

※この時計の時刻は閲覧しているパソコンのものです

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。