青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シゲキックス

イヤー。
年末なので、というか、なんで年末はそうなるのか理解に苦しみますが、クっっサレ忙しいです。

そんななか、ブログを書いていないあいだ、休日を利用して5km先のケーキ屋までムスメ(小二)のチャリを追いながらジョギングで往復したり、近所にできた大手バイク店チェーンをひやかしにいったりと、リフレッシュには努めるようにしています。

バイク店は、企業規模のワリに狭くてショボ気味だったけど、カッチョいいよね。ジドーニリン車。

いま。私が乗ってたころよりバイクも値段が高いようで、「乗りてえな」とおもったやつは、中古のクセにだいたい100まんえん近い。
コレに、なにがせっかくなのかはわかりませんがせっかくだから取っときたい大型自動二輪車免許を取得するのに、だいたい10まんえん。
あと「コレほしいなー」っておもってるSHOEIのヘルメットがだいたい4まんえん。ほか、ライダーズアイテムが10まんえんくらい?
ざっと見積もっても、ライダーに返り咲くのに125まんえんくらいがブッ飛んでいくというツラい現実を突きつけられたものの、バイクのある空気を吸えただけでもなんかテンションがあがりました。

カッチョいいよね。ジドーニリン車。

まあまあ。
ソレはさておき。
きょうは、ムスメ(小二)を介して知り合った山口県立美術館のかたに「来いや。」と以前薦められていた『吉村芳生展』が最終日だったので、行ってきました。

んまー。
すげえ。デス。

芸術とかはよくわからない私ですが、コレだけの修行のような細かい作業と根気を要する作品の数々は、見ていて単純に、「すげえな!」というカンジの刺激を与えてくれるので、わかりやすくてよかったデス。
おなじ考えのヒトが多かったのか、最終日ということもアリ、南野陽子といえばナンノですが、会場は老若男女を問わず多くのヒトで賑わっていました。
なんでも、来館者は4まんにんを超えたとか。

「わかりやすいトコロはわかりやすい」っていうトコロと、ソレを「目に見えるカタチで伝える」っていうことの大切さは、ヒトの生き方においても常に気にしていかないとならない部分だと、改めて感じました。

「わかりにくい」うえに「伝わんねえ」っていうのはコミュニケーションの動物・ニンゲンにとっては困ったことだよね。

受け手としてのアンテナも磨いとかねえと。



関連 : 吉村芳生展―とがった鉛筆で日々をうつしつづける私(山口県立美術館)
  1. 2010/12/12(日) 19:11:40|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<実録。りえんvsりおん | ホーム | 無許可ブックマーク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1600-b5d4dfa2

Profile

信

Access Counter

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Clock

※この時計の時刻は閲覧しているパソコンのものです

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。