青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

花樵(はなこり)

私がいま現在くらしている山口県。
まあ。ど田舎です。
いままで私が住んだり訪れたりした都道府県のなかでは、その田舎度合いは群を抜いて第1位。

有名な名所や名物があるワケでもなく、むかしトーキョーのヒトと話してたときに「山口県ってどこにあるかは知らないけどさ。下関って九州じゃないの。」って言われちゃう体たらく。
それでもいちおう観光地って呼ばれているトコロのヒトはいろいろと客を呼ぶ策を練ってはいるようなのですが、「そりゃあムリだろ」っておもいます。
いくら「おいでませ!おいでませ!」って連呼したトコロで肝心の観光資源にキャパがないんだから、押し寄せてこられても混乱するだけです。

都会暮らしもじゅうぶんに堪能した私はいま、タマタマ生まれた場所だから住んでいるワケですが、このなんにもなさがけっこう気に入っていて、逆にそこをアピールしたほうがいいんじゃないかとおもうホドです。

なんにもないとはいっても、目玉になるようなモノがないだけで、こぢんまりとしたいいトコロはたくさんあります。

山口市のヒトしか知らない名刹・瑠璃光寺にある五重塔はホントに美しいですし、全国的にはだれも知らない知名度を誇る湯田温泉をはじめとした温泉もサイコーです。
クルマでちょっと足をのばせば、秋吉台というカルスト台地のなかを走ることができ、瀬戸内海や日本海のキレーな海をみると、むしろあんまり客がこないほうが汚れなくていいんじゃね?っておもうのです。

なので。
過剰な看板を立てたりとかしてばかな客をあんまりガチャガチャ呼び込まずに、こういう場所でのんびり過ごしたいっていう質のいいお客さんが滞在したくなるような美しい街づくりを目指したらどうなんすかね。
ちょっと足をのばせばいいトコロはたくさんあるんだから、山あいの景色と田んぼ以外なにもない農村の古民家を滞在型の宿泊施設としてつかったりしてもよろこばれるとおもうんですが。

あと。
山口県には、フグ以外にもおいしいモノが実はたくさんあるのです。
たとえば山口県農業試験場が開発した「はなっこりー」という、ネーミングがヒジョーにくだらなくて全くセンスを感じられないけどヒジョーに上品なウマさの野菜があります。
コレをいま、県内での認知度向上と消費拡大を目指してがんばっていらっしゃるようなのですが、せっかくヒジョーにウマいんだから、山口のヒトに食わすことはもとより、トーキョーとかの料亭とか天ぷら屋なんかに売り込んでってつかってもらうようにもっていけば、野菜としての格もあがるってモンです。
ただ。
その際はちゃんとしたネーミングに改めないと、「はなっこりー」じゃあどうにもならんだろ。コレは。

わが山口県は、北海道とか京都とかみたいに外からたくさん客がきてカネを落としてくれるようなトコロじゃないんだから、ターゲットを絞るとか外に行商にいくとかそういう意識にしていかないと、この先たちゆかなくなるような気がしてならないのですが、どうでしょう。
アンテナショップつくって満足しててもイミないよね。

どうせ人口も少ないんだから、ヒトによろこんでもらえることをホドホドにやっていければいいんじゃね?

私はタマタマ生まれた場所だから住んでいるワケですが、県内のフンイキがそういうふうになれば、なんかホコリがもてるような気がします。

は?
「はなっこりー」のあたらしい名前すか?

んー。
じゃあ「花こり」 で。
ホジホジ。
  1. 2011/02/06(日) 23:56:54|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<800レンジ | ホーム | お泊まり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1626-c81f2829

Profile

信

Access Counter

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: