青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』

周囲から、「よっ、読書家ニンゲン!」 と呼ばれるべく、絶賛進行中の「インテリ化計画」

今回は、図書館に予約してから1年以上待たされた人気の本。

加藤 陽子・著
『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』

東大の教授である著者のヒトが5日にわたって中高生を相手におこなった歴史の講義をまとめた本で、明治維新以後、国家の近代化を図る日本が、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、日中戦争を経て、太平洋戦争で敗戦するまでの経緯を、各局面での当事者の心情も踏まえながら細かく教えてくれています。
タイトルやオビにある、フツーのニッポン人が「それでも、戦争を選んだ」理由については、「陸軍に煽られた」としか語られていないのでそこは肩透かしを喰らったカンジですが、いろいろベンキョーになった本でした。

とくに強く感じたのは、ニンゲンっていうのは、戦争をくりかえしていたかつてのニホンがそうであったように、仕掛ける側にあるときは極めて戦略的に物事を推し進めるようにできてるのに対し、いまのニホンのように、平時においてはなーーんにもしない傾向がある、ということ。
なんか子供のころ、あの手この手を駆使して同級生の背中に「バカ」って書いた紙を貼ったら、4時間目くらいにやっと気づいたソイツが「だれだよ~」とか半笑いで紙をはがしていたというようなことがよくありましたが、そんなカンジ。
中国やロシアがあれだけ戦略的に仕掛けてきているのに、わが国のエラいヒトらがまだ「平時」だとおもっているようでは、すぐにやられちゃうとおもうよ。まじで。
実際いま、「バカ」って貼られてる状態だとおもう。

そういうイミでも、有事、平時に関わらず、国の中枢を担うヒトは優秀な戦略家じゃないとホントは務まらないんじゃないでしょうか。
あと。戦争で直接国民の命を預かる立場にあったことも影響しているのでしょうが、あの時代に国を動かしていたヒトらはみな、ジブンの意思を貫くことに命がけだったようだし。

そんな、能力と覚悟をもった優秀なやつらをもってしても、70年前のニホンは戦争に突き進んでいってしまうワケですが、いまのやつらみたいに、能力も覚悟もないやつがヒトの上に立っちゃあダメだろ。やっぱり。

まあまあ。
そんなことをいろいろ考えさせてくれたのでオモシロかったのですが、講義の風景をそのまま書き起こしてあるような本なので、中学生時代「体育を含め全教科居眠り制覇」という肩書きをもつホド根っからの授業ぎらいの私にとっては1、2ページ読んじゃあ眠くなるタメ、読み進めるのにすげえ苦労しました。

戦争反対。
ヒトが死ぬるから。




それでも、日本人は「戦争」を選んだそれでも、日本人は「戦争」を選んだ
(2009/07/29)
加藤 陽子

商品詳細を見る

  1. 2011/02/17(木) 23:29:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<勇気板 | ホーム | Because 虫>>

コメント

知り合いの中国残留孤児のおばあさんは六十才をすぎて日本に来られましたがもちろん言葉も中国語、料理も中華、お父さんお母さんは戦争で亡くなってお姉さんの記憶をたよって日本に家族と帰られたようです。おばあさんの旦那さんは中国人ですが私が妊娠中遊びに行くと自分のごはんは食べずに私のご飯茶わんが空になるとすぐにわたしのご飯茶わんに自分のご飯を入れてくれました。妊婦は栄養をつけないといけないからって。そうやって五男一女を育ててこられたのだと思いました。その食事のときは人数が多くてもう炊飯器にご飯がなかったしおじいさんは自分はその食事ではおかずしか食べてなかったけどたくさんの子供や孫たちと食卓をかこんでわたしにご飯をくれたので(実は私はカロリー過多ぎみだったのですが)二杯いただきました。きっと個人個人では国とか関係なくやさしさも持ち合えるのに、力や武器を持つと使ってみたくなるのかしがらみがあるのか、悲しいです。私は戦争を知らない世代ですけど私も戦争反対です。
  1. 2011/02/18(金) 22:22:16 |
  2. URL |
  3. カエ #-
  4. [ 編集]

手抜き

カエさん。

いま生き残っている者として、日々に手を抜かずに生きていくことが必要だとおもうデス。
現代人はラクしすぎ。

子供と接するときはとくにホンキで。
後世に教訓を残すことになるとおもっています。
  1. 2011/02/20(日) 12:12:21 |
  2. URL |
  3. #Qo5l1wbk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1632-fe465b61

Profile

信

Access Counter

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。