青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

なぎ × リキ

――ツバメ余波がとまらない。

わがムスメのなぎ(小四)はヒトを巻き込むチカラというか、才能というか、そういうものに恵まれているようで、幼児のころからコイツがひとりであそんでるトコロに周りの子が寄ってきていっしょに仲良くなったり、コイツがハマってることがいつのまにかクラスじゅうに広まっていたということが多く、私はそのチカラをひそかに『なぎ力(りょく)』と呼んでいるのですが、今回のツバメのリキの件でもその『なぎ力』は存分に発揮され、巻き込んだ対象はクラスメイトにとどまらず、ついに学校の最高権力者にまで達しました。

なんと。
ムスメ(小四)が通うスライス小学校(仮名称)の校長が、「リキの写真をくれ!全部くれ!」って言ってこられたそうです。

今回は『なぎ力』に『リキ力』が加わったことで拍車がかかったのか、巻き込む対象がどんどん拡大しているようで、リキの写真を学校に持ってった日。
ムスメ(小四)が通学路でクルマに轢かれていたツバメの亡骸をハッケンし、埋葬してあげたいと現場近くのペットショップにご遺体をくるむ伊達公子タメの新聞紙を分けてもらえないかと申し出たトコロ、それなら、ということで、新聞紙といっしょに、ホトケを運びやすいようにと、なんかの商品の空き箱をいただいたそうです。

――やさしいのう。

そしてその後。
よくリキのエサとなるバッタとかの昆虫を獲っていた近所の公園のまわりで埋葬する場所を探していると、公園のそばの家の奥さまが声をかけてくださったので、カクカクしかじか事情を説明したトコロ、それなら、ということで、なんと、

「自宅の庭に埋めてもいいぜ」
っておっしゃるじゃああありませんか!
(←チャーリー)

――やさしいのう。

この奥さま。
わが家が早起きしてエサ獲りをしているときに愛犬のコロちゃんの散歩をしていらしたので、挨拶とか世間バナシをさせていただいていたのですが、よくよく聞いてみると実はワレワレがバッタを獲っていた土地の所有者のかたで、リキのエサのバッタがいなくなるといけないということで、予定していた草刈りを
わざわざ待っていてくださった
っていうじゃああありませんか!
(←チャーリー)

――やさしいのう。

もうね。やさしいヒトしかいねえな。
泣くデス。

そんなヒトにもツバメにもやさしい山口にみんな住めばいいんだとおもう。
お待ちしておりますよ。

Oide-Masse 山口へ。


なぎ × リキ


  1. 2012/06/29(金) 20:11:28|
  2. ツバメの「リキ」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第1回ボランティア説明会 | ホーム | 「長州地サイダー」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1736-80582542

Profile

信

Access Counter

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: