青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クッサシムサ(これくらいでよい)

ケッコンを機にタバコをやめたのが15年ホドまえ。
当時はまだまだオノコの喫煙はフツー、っていうか吸わないやつのほうがごく少数派で、「タバコを吸ってるオノコがス・テ・キ(ウッフン)。」とか言っちゃうおねえちゃんも生息していたころでしたが、タバコ吸ってたオッサンは総じて口がクッッサかったタメ、ジブンもクッッサくなりたくなかったのと、その数年まえに「タバコぐらいいつでもやめたらあ!」と妹に豪語していたこともアリ、喫煙界から引退することを決心したのでした。

その後数年経ってニッポンの世のなかに嫌煙ブームというのが席捲し、アレだけの喫煙率を誇っていたわが国の社会が、いまではすっかり「紫煙許すまじ」という社会へと変貌。今後も嫌煙の勢いはどんどん拡大する様相を呈しており、喫煙者は絶滅危惧種への一途を辿っています。

20年まえ、ありとあらゆる場所に灰皿が用意され、道端には吸殻がフツーに散乱していたニッポンを思い出したとき、いまの社会の変わりようは、まさに劇的。

十数年という時間をかけていることで目立たないかもしれませんが、この一連の「嫌煙」の流れというのは、ここ最近のニッポンにおいて、市民レベルから自然発生的に起きて劇的に社会を変えた最大の変革だとおもっています。

とかくワレワレは、「変革」というコトバに対して短期間での瞬間的な変化をイメージしがちですが、世のなかが劇的に変わるタメには相応の時間が必要というのは当然という気がします。

あの明治維新だって、吉田松陰が松下村塾を開いてから大政奉還まで12年、伊藤博文が内閣総理大臣に就任するまでだとそれから更に17年を要しているのです。

あの東日本大震災からまだ1年半。

ジブンみたいなモンがナニ気にタバコをやめたことで、結果として嫌煙への変革を担うひとりになっていたように、ちょっとした意識だけで10年後はニッポンが変わってるかもよ。

いま、タバコ吸うオノコってモテないしね。
――ウッフン。

のんじゃいけない


  1. 2012/08/05(日) 12:25:27|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<戦いの海は牙で漕げ!悲しみの海は愛で漕げ! | ホーム | お子ちゃまうンチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/1744-50c27c95

Profile

信

Access Counter

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。