青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

テレビ考

2004年の大晦日、我が家にテレビがやってきました!
ご存知の方も多いと思いますが、我が家にはテレビがありませんでした。それまでリビングにどーんと居座っていた「ヤツ」を撤去したのが1年半ほど前。
世間一般によく言われている、「テレビが子供の脳の発達を…云々」とかの御大層なことを考えるほど教育熱心なほうではないです。
一番の理由は「子育てに追われ、見るヒマがなくなったから」。
当時我が家にあったテレビは、10年以上前の独身時代、「スーパーファミコンのマリオカートを大画面でプレーしたい!」というものすごくちゃんとした動機で秋葉原にて購入した27型のブラウン管タイプ。
ガタイがデカいだけに、見なくなるとこんなにジャマなヤツはいません。まさに無用の長物です。粗大ゴミです。ウンコです。
だからと言って、まだまだ働けるヤツを捨てるのもなんだったので知り合いのところに養子に出すことになるわけですが、ここで一つ問題が出てくるのです。実は、自分は結構ヘビーなテレビっ子で、活字の本などはまったくと言っていいほど読みません。たぶん今までの人生で読破した活字の本は30冊くらいだと思います。テレビとマンガだけで日本語をマスターしたようなものですから、テレビのない生活というのはやっぱり不安でした。
だがしかし!いざこの生活を始めてみると、快適なことこの上ない!言葉に例えるなら「優雅」の一言です!ユーガー・グルーミングスクールです!
何がいいってアナタ、見る番組の放送時間に追われなくてすみます。
みなさん、本当に「見たい」番組ってありますか?自分は当時ありませんでした。見たいモノが特にないにもかかわらず「この番組はチェックしておかなくては!」という強迫観念にかられてテレビを見ていたということがよくわかりました。これがわかっただけでもかなりの儲けモンです。
そしてこの生活をしてみて一番有意義だと感じる点は、悲惨なニュースを垂れ流されなくてすむ、ということです。
現代の日本人は、凄惨な情報や衝撃映像を見させられすぎていると思います。例えば、悲惨な事件が一件起こると、その犯人の育った環境や、どんな子供時代を送ってきたかを調べ上げ、それを報道します。ひどい時には被害者のそれも伝えたりします。また、災害で生き埋めになって救出された生存者の回復ぶりを、自宅までおしかけて取材します。
そんな情報いらないです。知るべきことは犯人の卒業アルバムや、生存者が何を食べたかではないはずです。そんなものを報道するのが「ニュース」ではないはずです。
テレビの垂れ流し情報を受けることをやめ、ネットで「自ら」ニュースをチェックするようになって、いかにテレビが視聴者の目を引くためだけに番組作りをしているかがよくわかりました。
自分の中で知っておくべき情報を選定してそれを得る、ということに、この「テレビなしライフ」の極意を見た!家政婦は!ってなカンジです。

で、なぜ我が家にまたテレビがやってきたのかというと、「マツケンサンバⅡ」が見たかったから。その願いを叶えるべく、実家から新品の14型液晶テレビを無理やりパクってきました。
紅白で歌って踊るマツケンはホンモノの「暴れん坊」でした。
目的を達成し、大役を終えたテレビは今また箱の中で眠っています。次の出番は、メジャーリーグかサッカー日本代表の中継かな。
20050114024912.jpg

  1. 2005/01/14(金) 02:19:16|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<カトリーヌ | ホーム | 「ごめんなさい」>>

コメント

なるほど・・・

こんばんは。
マーガレット部隊の一人です。いつもお世話になっております。
なぎパパのテレビについてのお話…。なるほど。と感心しました☆
うちの5歳のかんたは、ニュースとか、「何とか24時」みたいな番組がついていると「怖いから消して~」と言います。
大人にはなんでもない映像も、子どもにとっては衝撃的だったりするんでしょうね。
我が家のテレビはもっぱら、子どもが起きてる時間はポンキッキーズや教育テレビやとなりのトトロのビデオばかり…。
いわば、「子守りテレビ」。ある意味、手放せません(涙)
私も素人ながら、ホームページを作ったりしてるので、お暇なときには覗いてみてくださいねっ♪
  1. 2005/01/14(金) 22:28:17 |
  2. URL |
  3. りょうこ #-
  4. [ 編集]

テレビっ子より

りょうこさん、こんばんわ。
自分は小さい頃、学校を仮病で休んで一日中教育テレビを見たりとかしてました。
ポンキッキは社会人になってからもなぜか見ていたので、ポンキッキーズになったときは、おさるがモンキッキーになったときより衝撃でした。

なぎは紅白歌合戦の浜崎あゆみに「コワい~!」と泣きそうになっていました。確かにあれは怖かったです。
正月、久しぶりにテレビを見た感想は、「つまらん…」です。
  1. 2005/01/15(土) 01:10:59 |
  2. URL |
  3. 信 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/3-0b0c9dde

Profile

信

Access Counter

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: