青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

琴マハリャノフ

大相撲九州場所は横綱・朝青龍の史上初の7連覇&年間グランドスラムというカタチで、今日千秋楽を迎えました。
スゴいですね。

ひとり横綱が無類の強さを見せ付ける中、彼のライバル候補最右翼と目されるブルガリア出身の琴欧州が今場所11勝を挙げ、大関昇進をほぼ確実にしたそうです。
また、琴欧州の所属する「佐渡ヶ嶽部屋」の佐渡ヶ嶽親方が今場所で定年を迎えました。
佐渡ヶ嶽親方といえば、相撲が今より盛り上がっていた10年ほど前に審判部長を務めていて、行司の軍配に物言いがついた一番ではよくマイクを取って

「只今の取組について説明いたします。
 えーと、行司軍配は東の○○に上がりました
 ○○の足が先に出たのではないかと物言いがつきました
 えーと、協議の結果○○の足が出たと見て、
 行司差し違えで西の△△の勝ちというふうにいたしm●×▽…。」

みたいなカンジのつたない説明をしていたことを思い出します。
そして佐渡ヶ嶽部屋といえば所属力士の四股名のアタマに必ず「琴」の字をつけることで有名ですが、例えばヨーロッパ出身だから「琴欧州」みたいな安直さが好きでした。
けっこう下のほうの力士は苗字のアタマにただ「琴」をつけただけだったりしているのが面白いです。
金子くんだから琴金子とか、
黒田くんだから琴黒田とか。

http://www.sadogatake.com/page006.html(佐渡ヶ嶽部屋・力士紹介)

そのうち中国出身の李くんに「ことり」とかつけるんじゃないかと勝手に思っていたのですが、定年とは残念でなりません。
新・佐渡ヶ嶽親方に期待します。ことり。
  1. 2005/11/27(日) 23:30:24|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<オロナミンC | ホーム | タイガー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/350-98cc817d

千秋楽大相撲

 平成17年大相撲九州場所千秋楽。 幕下、琴冠佑は2勝止まり…。 十両・幕下の“全敗対決”と思ったら、司が引退。史上初の8戦全敗は幻となった。 闘牙が大雷童に勝ち、初の十両優勝。 十両年間最多勝争い、首位の泉州山が勝ち、単独で年間最多勝。何と勝ち越した(左
  1. 2005/11/28(月) 02:01:30 |
  2. 銀河後悔日誌

Profile

信

Access Counter

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: