青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

暴君

激闘が続く「トリノ冬季オリンピック」

今回のオリンピック関連の報道で、はじめて興味をそそられる記事を見つけました。

小野寺復調、強豪撃破=会心ショットを連発-カーリング〔五輪・ハイライト〕
2006年2月18日(土) 21時47分 時事通信


 ハウス(円)内にカナダのストーンが3つ残って迎えた最終10エンド。スキップ(主将)小野寺の最終投は、中心に一番近い相手ストーンをはじき、逆に自らの石を中心近くにコントロールした。駄目押しの1点を追加し、5-2の勝利。「もう信じられない。五輪でカナダに勝てるなんて」。司令塔が今大会、初めて見せる会心の笑顔だった。
 昨年の世界選手権4位の強豪相手に挑戦者の思いでぶつかった。デンマーク戦まで目立っていた守りの姿勢から、積極的な攻めを展開。第3エンドは、円の前にストーンを積む意欲的な作戦で2点を先制。続く第4エンドも相手のミスに乗じ、好ショットで加点した。
 試合がなかった前日。阿部監督は、ミスが続いていた小野寺の練習の様子次第では、ポジション入れ替えを提案するつもりだった。だが、「やるしかない、という気持ちが伝わった」。昨年のカナダ合宿で、同じ相手に1勝1敗の好勝負を演じていたことも、いいイメージで残っていた。
 何より、仲間からの信頼があった。「最後のショットは(わたしに)投げてほしいと皆が言ってくれた」と小野寺。2点リードの第9エンド。3人のミスが続いた後も、小野寺が2投連続で、ダブルテークアウト(2つの石を円外へはじき出すショット)。貴重なドローに持ち込んだ。
 「次もきょうみたいに戦う」と小野寺。4強進出に望みをつなぎ、今度は世界女王スウェーデンに挑む。
(ピネロロ時事)

[ 2月18日 22時18分 更新 ]


ピネロロ時事ってトコロにそそられました。
イヤ、なんとなく。

暴君ハバネロ
↑「暴君ハバネロ」(東ハト)
  1. 2006/02/18(土) 23:58:03|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<品薄ストロベリー | ホーム | 0点>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/438-fded1900

Profile

信

Access Counter

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。