青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まんが道

今日の職場で話題に上ったのは、ライブドアの株がうんぬんかんぬんとか、今証券会社が一番忙しいとか、韓国の俳優“ペ”が株で大儲けとか、そんなんでした。
で、たいていこのテのハナシっていうヤツは、「結局世の中、元々カネを持っているモンが儲かるようになっている」的な締めで終わることになっているのが常なのです。

ここんトコロ、こういう話題が多いです。
ジツは私もよくわかってはいないのですが、世界の経済がこういったモノで支えられているのは事実だと思いますし、よーく考えなくてもおカネは大事だと思います。
しかし最近は何でもかんでも「カネ」で片付けすぎているような気がして、現代の子供たちに与える影響を考えると少し怖くもあります。
例えば、「マンガが一本アタれば作者にウン億円」とか「新作映画の制作費ウン百億円」とか。
そんなオトナの事情なんか、正直どうでもいいです。

テヅカ先生やF先生が活躍していた頃、私たちはそんな目で彼らの作品を読んではいなかったはずなのですが、いつしか「週間少年ジャンプ」の表紙に『ジャンプは発行部数200万部突破!!』とかいうオトナの事情がでかでかと書かれるようになった頃、「鳥山明ひとりの稼ぎで名古屋市の税率が変わっちまったらしいZE!」「すげー!」みたいな下世話な会話をするようになっていました。
ああ、あのときおれは汚れっちまったのだな。

株の話題にしても、今のような報道を子供たちが目にしたときに、「カネさえあればナンでもアリ。」的な考えを持ちはしないかと心配です。
例えば、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのトヨタ自動車にしても、「売上がウン兆円を超えた」などという報道が目立ちますが、ホントなら「トヨタの○○という技術者が開発したハイブリッド・エンジンなどを軸にトヨタが業績を上げている」的な伝え方のほうが、子供たちに夢を与え、次代の技術者を生むような気がします。

このままでは、カネを得る手段として、プロ野球選手やサッカー選手を目指す子供たちが現れる日も遠くはなさそうです。

脚光を浴びせるべきトコロは、「カネ」ではなく「人」だと思います。

  1. 2006/04/15(土) 23:22:54|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<波とタワムる | ホーム | 永久に不滅なヤツら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/498-ddeec0bb

Profile

信

Access Counter

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。