FC2ブログ

青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

ワンダーDNA

ムスメ(3歳)が成長していく過程で、まるで遺伝子にでもスリ込まれているかのごとく「日本人としての立居振舞」を身につけているようなことが多くあり、そのたびに驚かされるものです。
例えば擬音。
まだロクにコトバも話せないころから、ダレも教えていないのに、ドアの閉まる音は「バタン!」と言っていましたし、同じようなころから、ダレも教えていないのに、ぬいぐるみなどを使ってチラ見をするときの擬音は「チラッ。」と言っていました。

フシギすな。

山口市内に「ゆめタウン」というショッピングモールがあるのですが、今日そこに買い物に出かけたとき、ムスメ(3歳)に
「今からゆめTOWNに行くよ。」
と、“タウン”の部分をちょっとキドって英語発音で言ってみたトコロ、ムスメも
ゆめTOWN
とマネをして言っていました。
そこでもちょっと驚いたのは、ムスメが「TOWN」と言ったときの口の形がウケクチだったことです。
私自身はそのときウケクチで言っていたワケではないのですが、ワレワレ日本人って、ナゼか英語をムリして話そうとするとウケクチになるじゃないすか。
イヤイヤ、そんなことねえよ。バカ。なんて言わせません。
ジッサイオマエらだって、中学生になって、初めての英語の授業のとき
「This Is a Pen.」
って言わされたときには、
「ディスイズアペ~ン。」
ってウケクチで言っていたハズなんだからな。日本人なら。

まあまあ。そんな遺伝子のフシギについてのおハナシでした。

買い物中。
↑ダレも教えていないのに、スーパーで親友の“ひよ”を買い物用カートの子供座席に乗せるムスメのなぎ(3歳)。

明日、4歳になります

  1. 2006/11/12(日) 22:01:43|
  2. なぎ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<4歳 | ホーム | 秋深し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/716-a6e0b910

Profile

信

Access Counter

Calendar

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: