青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

4歳児におけるエネルギーの有効利用法

ニンゲンの脳には「リミッター」のような機能があり、カラダがその能力を出し切らず、常に「余力」を残した状態を保つようにできているハズ なのですが。

昨日一日中全力で走り回り、夜もいつもより遅くまで元気に遊んでから、やっと就寝したムスメのなぎ(4歳)。
今朝もいつもどおりに起床し、市内の大型公園で散歩を楽しんでから、近所の商店街へ走って出かけました。
いくらなんでも疲れてんだろ。とか思うのですが、当の本人は

「ぜんっぜん疲れてない。
 もっと走り回りたい。

と平然としています。

コイツの有り余る体力を生かすタメに、なんかスポーツをさせるのもいいんじゃないかとも思うのですが、コレばっかりは本人の希望とワレワレのサイフの状態次第なので、本人に合ったモノで、かつ、月謝が支払えるくらいのモノとの出会いを待つようにしています。
ただ、あくまで一方的に親の目からの希望ですが、私が一時期柔道部に所属していたこともアリ、何かしら武道をたしなんでもいいんじゃね?っていうキモチはあります。
中でも「剣道」は、知り合いの「剣士」ご夫妻の凛とした立ち居振る舞いや彼らの人柄も手伝って、させてみたいスポーツナンバーワンです。

私の職場にいるオッサン(たしか62歳)のお子様3人が、全員子供のころから剣道をされていたそうで、そのハナシを聞いてみたことがあります。
なんとなくおカネはそんなにかからなさそうなイメージを持っていたのですが意外と必要だそうで、防具などはお下がりを使わせていただけることもあるのだそうですが、自前で購入するとけっこうかかるらしいです。
それでも、まだ子供のウチはいいのですが、中学、高校と本格的に取り組むとなると、道具自体もいいモノを用意(ホンッットに高いモノになると50万円くらいするらしい)しなければならなかったりするばかりか、オッサンちの例ですが、消耗品として、ひとり1万円くらいの竹刀を毎月買い換えていたそうです。
――ブルブル。

まあまあ。
わが子がホントに好きで続けたいのであれば、それくらいオヤジとしても何とかしてやりたいモノです。

あと、オッサンちのお子様が高校生のころ、それなりに強い学校に通っていたそうで、当然、毎日早朝からの朝稽古と、夜も遅くまで稽古をしていて、家の方向が同じ方面の部員数名の送り迎えを、各保護者が自家用車を使って持ち回りで行っていたということでした。

ふーん。
それもタイヘンそうだけど、わが子がホントに好きで続けたいのであれば、それくらいオヤジとしても何とかしてやりたいモノです。

職場のオッサンから聞いたトコロによるとその送り迎え。
朝稽古の“送り”のほうは問題ないのですが、
夜の稽古後の“迎え”のほう。

数時間稽古に汗を流した強力なワカモノの汗で、

クルマの中がクサくなってしょうがない

そうです。


うわー。

……。

わが子がホントに好きで続けたいのであれば、それくらいオヤジとしても何とかしてやりたいモノですが、

そればっかりはちょっとゴメンこうむりたいカンジです。

まじで。

まあまあ。
今日も、口では「疲れてない」と言いながらも、サスガに夕方ごろにはカラダに変調を来たしていたわがムスメ(4歳)。
もう少し脳の「リミッター」のようすを見てからでも遅くないカンジです。

ヨモギ摘み
↑炎天下、公園でヨモギ摘み。

  1. 2007/04/30(月) 23:47:40|
  2. なぎ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ヤルカタナイ | ホーム | 黄金のスタミナ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/889-9645457e

Profile

信

Access Counter

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文: