青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ヤギにホントに紙を食わせると腸閉塞になりますよ

シゴトの取引先のヒトに「八木さん」というヒトがいます。
ふつう、「八木さん」という名前のヒトを呼ぶときのイントネーションは、「八」「木」「さん」という3つの音のどこにもアクセントをつけず、平坦なカンジで発音するのが一般的です。
例えば、「八木さん」の「八」のトコロにアクセントをつけてしまうと、友達の白いのから届いた手紙をうっかり食っちまうオッチョコチョイな上に食い意地の張った黒いのと同じ「ヤギさん」になってしまいます。

今日、この「八木さん」の同僚のヒトが、この「八木さん」のことを呼ぶときに、「ヤギさん」と呼んでいるのを目にして、ビックリしました。
他の同僚のヒトも「八木さん」のことを「ヤギさん」とか「ヤギ」とか呼んでいて、どうやらニックネームというワケでもなく、「八木さん」のことはフツーに「ヤギさん」と呼ぶのがアタリマエのようです。

そういえばここ山口では、例えば「井上さん」というヒトを呼ぶときに、「イウエさん」と、「ノ」にアクセントをつけて呼ぶヒトが多いです。
この「井上さん」も、どこにもアクセントをつけないのがわが国ニッポンにおいてはフツーなハズですが。
逆に、「西村さん」なんかは、ニムラさん」と「シ」にアクセントをつけるのがニッポンの標準ですが、わがふるさと山口では、どこにもアクセントをつけずに平坦なカンジで呼んでいます。
あと、「ヒロシくん」は「ヒシくん」って呼びますし、「アキコちゃん」は「アコちゃん」って呼びます。

――嗚呼。山口訛り。

あー。
そういえば。

私の実家のお向かいさんも「八木さん」というヒトだったのですが、

おれ。フツーに 「ヤギさん」って呼んでるよ。

――今でも。


メエ。

  1. 2007/05/16(水) 23:31:33|
  2. ことば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ヘヴィ・メタボ | ホーム | こうのとり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/906-e4e9376d

Profile

信

Access Counter

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。