青空堂本舗

-- the Blue Sky Web-Log HOMPO --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

モーツァルト、トイレに現る

こんにちわ。
いいウンコしてますか?
信デス。

イヤー。
今日、シゴト場でウンコをしたんですけれども、
あー。正確には「シゴト場のトイレ」でウンコをしたんですけれども、
間違いなく今まで生きてきた中で、

一番のウンコでした。

何が一番だったかというと、色、ツヤ、共に申し分ないのはモチロンのこと、特筆すべきはその「長さ」。

あー。ここでご存じない方のタメに補足しておきますが、私の「ウンコ」に関する価値観の基準の中では、前述の「色」「ツヤ」のほかに「太さ」などもありますが、この「長さ」が最大の評価ポイントです。

大雑把な数値で大便…イヤイヤ、タイヘン申し訳ありませんが、大体25cmの長さを超えてくれば、「長尺」の称号を与えて後世までその偉業を語り継いでいくわけなんですけれども、今回のブツ(以下「長尺26号」)は、なんと35cmを裕に超えるシロモノで、作曲家でたとえるなら、今までの「長尺1号」から「25号」までを、まあまあ、「中村八大」とか「久石譲」とか、あのヘンのクラスだとするならば、今回の「長尺26号」はまさに「モーツァルト」級。
どれくらいモーツァルトなのかといえば、私の職場のトイレは和式便器なのですが、えーと、和式しゃがんだときのおケツ側に水洗の水が出てくる穴がありますが、片方の先端がその穴にかかるくらいから、ちんちん側にある排水部分が一段下がって水が溜まるようなっていますが、そこの上空までもう片方の先端がせり出している状態、イメージですが、阪神淡路大震災のとき、崩壊した高速道路の先にバスがぶら下がって止まっていましたが、あんなカンジ。
その「長尺26号」(以下「モーツァルト」)の、先端から先端まで約35cmに渡っての、まったく乱れのない直線的なフォルム(一文字型)は、見る者のココロをワシづかんで離さない美しさでした。
ジッサイ私も、この「モーツァルト」(以下「モツ」)を流そうか流すまいか迷ったホド。
流したけどな。

ありがとう「モツ」(以下「モ」)。


みなさま方におかれましても、私の「モ」に匹敵するホドのモノがお生まれになったときには、ゼヒご一報ください。


あー。
画像とか送ってくんじゃねえぞ。
ヒトのウンコなんか見たくないから。

  1. 2007/05/25(金) 23:59:59|
  2. 戯れ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<思いつきのみで書いています。 | ホーム | キドカラー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blueskyblog.blog3.fc2.com/tb.php/916-1e88960c

Profile

信

Access Counter

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

このブログをリンクに追加する

Search

Twitter

Bookshelf

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。